恐怖の根幹治療が無事終了!@デンパサール

2018年09月09日 20:23

スラマッマラ~ム🎵 こんばんは!

日本は台風が過ぎたと思いきや、今度は北海道で大地震があったと知り、自然災害の怖さを改めて感じています。ロンボク島の地震もそうだったけど、北海道にあんなに大きな地震が起こるとは誰も予測していなかっただろうし、自然豊かな大地があんなにも脆いとは想像もできませんでした。まさか北海道全土で停電など考えられない事態も起きたようで、冬にかけて冷え込む北海道ではこれから電力不足が心配です。でもここはインドネシアとは違って、先進国の日本なのですぐに復旧することを信じています。関空に関しては観光業的にはかなりピンチかと💦関空は海外からの観光客も多いですし、英語の説明もままならず日本人以上に途方に暮れたことだと思います。バリ島の数日間の空港閉鎖ですらこっちでは大騒ぎになったので、日本第二の国際空港だと一大事です!そしてバリ島行きに限らず、海外旅行をキャンセルせざるを得なかった方のことを思うと残念。もうすぐシルバーウィークも控えていることですし、一日も早く空港が使えるようになることを願っています。災害のニュースのたびにまさか自分の身には起こらないだろうと思いがちですが、どこに住んでいてもリスクはあるし、今この瞬間に無事で生きていることを日々感謝したいです。

さて今日は1ヶ月前にようやく終了した根幹治療について書きますね。実はこの問題、1年前の8月に遡ります。ちょっと長くなるので、興味のない方は飛ばしてください。

クアラルンプールに旅行中、突然朝のコーヒーがしみたのが一番最初の症状でした。冷たい飲み物でしみるのはよくあることですが、熱い飲み物でしみるって初めてのこと。何もしないと痛みはないのですが、とにかくコーヒーが飲めないほどだったので、すぐにバリ島の歯医者に診てもらうことに。。。遠出が面倒だったので、最初はウブド近郊の歯科医に行ったところ、レントゲンもなく原因が分からないから被せ物も安易に取れないと言われてしまい、無駄足を踏みました。そこで困ったときのRudi先生!ということであれこれ10年ほど前からお世話になっているデンパサールのRudi歯科医のもとへ駆け込んだというわけです。先生曰く、虫歯じゃない。熱いものがしみるのは神経だね、との即答。神経はレントゲンでは分かりにくいから開けてみないと分からないとのことでしたが、お願いして念のためにレントゲンを撮ってもらいました。何となく影が見えるからやっぱり神経が原因とのことで、遅かれ早かれ神経の治療は必要だとのことでしたが、今すぐにスタートする覚悟はできておらず、せっかくはるばるウブドから出てきたからには中の状態も確認してもらいたかったので、とりあえずは中を開けて診てもらいました。やっぱり神経が半分死んでるとのこと。そのときは3ヶ月ほど効果のある炎症を抑える薬を詰めて閉じてもらいました。次の帰国は5月だったのですが、Rudi先生曰く5月までは薬はもたないから、出来るだけ早く治療をしたほうが良いとのアドバイスをいただきました。

その後は痛みもなくなり、何とか帰国まで延ばせるのでは?と安心してきたゴールデンウィーク前にまた痛みが再発!熱いものがしみる、前と同じ感覚です。もう薬の効果は切れているのは知っていたし、タイムリミット。すぐにまた診てもらいましたが、帰国時に日本の歯医者に行きたいからまだ根幹治療したくないという私の希望を受け入れていただき、また炎症を抑える薬で仮治療を。今回は1ヶ月くらいしかもたないから、という条件付でした。

で、帰国してすぐに日本の歯医者へ行き、これまでの症状と治療のいきさつを説明したものの、やはり外からは分からないらしく、特にまだ今開ける必要はないのでは?との楽観的なご意見。バリ島の歯医者さんに神経が半分くらい死んでるから遅くても年末までには根幹治療したほうが良いと言われたことを話し、ごり押ししたところ、レントゲンより高級なCTスキャンを撮ってくれたのですが、それを見たらいきなり意見が変わり、「あー、神経ですね。先のほうで炎症も始まっています」とのことでした。だから言ったじゃん😅でも、日本の滞在期間は1週間と短すぎて、治療は1ヶ月以上かかるため無理だったので結局バリ島での治療を選ぶ経緯に至ったというわけなのでしたー。

バリ島に戻ってすぐにRudi先生に予約を取り、根幹治療スタート!6月22日から始まった治療は8月3日に無事終了いたしました。今思い返すとこの治療は本当に大変で、自分でもよく頑張ったと思う。最初は早くて3回、もしくは4回の通院で終了するとのことでしたが、痛みがなくなるまで根気よく続けないといけなかったため結局は6回でようやく完了!Rudi先生は丁寧かつ慎重に治療してくれたので、感謝しています。でも一番痛かったのは最初の治療。神経をゴリゴリとブラシ棒みたいのを突っ込んで掃除するのですが、マシーンのビープ音も怖かったし、神経がまだ死んでないところは耐えられる程度とはいえ痛いし、しかも麻酔ナシという拷問でございました(>_<)💦

こちらの建物の2階
IMG20180803183507.jpg

場所はアートセンターの近くで、ウブドからはバイクで45分くらい。Hayam Wuruk通り沿いにあり、1階はApotek Hijau(緑の薬局)です。

所属のドクターがずら~り
IMG20180803183434.jpg

一番偉いのがRudi先生です。もう一人、別の歯科医もいらっしゃるようですが、Rudi先生は日本語が通じるので、助かります。フルタイムはRudi先生のみらしく、朝から夜遅くまで働きづめ。こっちの歯科医は日本より働いています。バリ島に住んで驚いたことは、歯科医の営業時間が夜9時くらいまでということ。仕事終わりの6時とか7時でも余裕で通えるんです。

緑の壁
IMG20180803183557.jpg

緊張するドア
IMG20180803183616.jpg

待合室
IMG20180803184225.jpg

日本のように快適な椅子、エアコン、さらに無料WIFIあり。私は内科においてはローカルの病院でも平気ですが、歯医者は絶対にムリ~。衛生管理も信用できないし、設備はもちろん技術も怪しいし、すぐに抜かれるという噂が!Rudi先生はバリ島に移住した当初、たまたま長期滞在の外国人に紹介してもらったのですが、日本に留学経験もあるため日本語がペラペラでラッキーでした。最新設備が揃っていますが、ローカル向けのクリニックなので料金も良心的なんです。ここだけの話、外国人ってこっちの病院に行くと値段がローカルより高いんですよね。意味不明ですが、いわゆる2重価格。病院に行ったら、KITASや就労ビザがあるかどうか、必ず聞かれます。つい癖で、「ローカル価格ありますか?」と聞いたら、受付スタッフに不思議な顔されて「外国人もみんな同じ治療費ですよ」、との答えでした。治療費は日本で保険を使わないで診てもらう程度かと思います。治療内容にもよりますが、通常は3000~4000円。気になる根幹治療は、レントゲン込みで150万ルピアでした。今のレートで12000円しないくらい。日本の歯医者とは違って歯1本あたりの請求なので、6回通っても同料金でした。

日本と変わらぬモダンな設備
IMG20180803184631.jpg

治療に使う用具は毎回殺菌済みの密封袋に入って出てくるので、衛生面でも安心です。レントゲンも完備されており、麻酔しないことを除いては日本の歯医者と変わらない治療が受けられました。日本は歯科医が多いので、腕もピンキリ!?医療に関してはまだまだ不安の多いバリ島生活ですけど、日本の下手な歯医者さんに行くよりもいいような気がします。詰め物もセラミックを使わずに、硬くて丈夫な白い詰め物を入れてくれました。歯のクリーニングもやっているそうです。そういえば、海外での治療(歯も含む)は日本の国民健康保険が一部適用されるため、日本から持参した英語の専用フォームを持参したところ無料で記入してもらえました。翻訳した書類も添付しないといけないそうですが、聞いた話によると全額ではなく日本で同等の治療をした場合の治療費が払い戻されるとのことです。12000円とはいえ、現地生活の身には高額💰バリ島の会社の保険で4分の1程度は戻りましたが、私は日本の保険も入っているので来年の一時帰国の際に払い戻しの手続きをしようと思います。

Dr. Rudi Wigianto
Jl. Hayam Wuruk 96, Denpasar
Apotek Hijauの2階
℡ (0361) 234918
診察時間:午前9時~午後9時
定休日:日曜日

それでは良い夢を!明日に備えておやすみます(^o^)ノ 💤

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑
ブログランキング参加中!ポチっとお願いします🙏
↓    ↓    ↓
banner_blogranking.gif
関連記事



コメント

  1. イルちゃん

    心強い存在ですね!

    海外での問題。
    アメリカなどは金額がベラボウとよく聞きますよねー。
    歯は、今のところは大丈夫だけど私も心配の種です。
    ルディ先生、心強い存在ですね。

  2. イブウブ子

    イルちゃん へ

    バリ島は歯医者はそこまで高くないようですが、観光客向けのインターナショナルクリニックはかなり高額になります。ほとんどの観光客は海外旅行保険に入っているので、手続きを事前に行えばキャッシュレスで治療が受けられますが、緊急の際にはいくら保険に入っていてもなかなかそこまで手が回らないことが多いので、帰国後に払い戻しというのが一般的かと思います。歯は我慢できるし、保険でもカバーされませんが、海外保険は必ず旅行者は入るべきだと思っています。

コメントの投稿

(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ibuubuko.blog106.fc2.com/tb.php/2106-349a1779
この記事へのトラックバック