ペニダ島ツアー2日目@Pulau Seribu & Rumah Pohon

2018年12月15日 11:20

スラマッパギ~🎵 おはようございます!

最近、朝も昼も夜も眠くて仕方ありません。これまでにない眠気に、強力なネスカフェを濃くして飲んでもまだ眠い💤 暑いから?そういえばここ1週間ほどは雨季らしいスコールもなく、日中は快晴🌞洗濯日和が続いています。エアコンがあればカビとは無縁なバリ島生活ですが、エアコンがない私は雨季にはカビとの闘いなので、晴れている日はもっぱら靴や衣類、布団、枕など天日干し!バリ島の紫外線は日本より強力なので、殺菌効果も期待できそうです。

さて、今日はペニダ島ツアー2日目のレポを。旅に出るとサンライズやサンセットを見たくなります。ペニダ島の北にあるAtuh BeachとPulau Seribuという場所がサンライズスポットなのですが、5時に出発しないと間に合いません。本当はもっと早起きしてサンライズを見に行きたかったのですが、前日のスケジュールが超ハードで疲れていたのと、広大なペニダ島ではどこに行くのも1時間以上かかってしまうので、残念ながらサンライズはパスすることに。。。でも涼しいうちに行きたかったので、朝6時過ぎに宿を出発しました。

朝7時頃にPulau Seribuに到着!
IMG20181031070304.jpg

もう日がかなり昇っていて眩しいくらいです。ここはMolentengとも呼ばれているそうですが、受付も無人でまだ誰もいない様子。中に小さなワルンがあるのですが、ワルンには住み込み?のスタッフの姿があったのでバリコピ飲んで一休みしました。早朝の1時間って、ウブドから空港ほどの距離です!ペニダ島は広さを改めて体感しますね。しばらくすると敷地内のRumah Pohon(木の上の小屋)に泊まっているドイツ人の女の子たちがチェックアウトしにやって来ました。スーツケースは下へは持っていけないので、ワルンで預かっていたみたいです。去年は無人でインスタ用の小屋みたいだったけど、実際に宿泊可能とはびっくりです。値段聞いたけどまあまあ高くて65万ルピアだったかな?忘れてしまいました😅一応水は出るそうです。一泊ならキャンプのつもりで、サンライズを見るために泊まってみるのも悪くないかも!?

このベンチから朝日が見れたら最高ですね。
IMG20181031070538.jpg

この下にRumah Pohonがあります!
IMG20181031073249.jpg

去年は土の階段だったので諦めましたが、今年はコンクリートで舗装されて歩きやすそうだったので、せっかく来たことだし下まで降りること。

写真には2つしか写っていませんが、木の家は3つ
IMG20181031073627.jpg

途中からの絶景
IMG20181031073448.jpg

Pulau Seribu(千の島々}と呼ばれるだけあって、千もないと思いますけど海には岩の島がたくさん見えます。上から見るのとはまた別の風景が広がっていて、息をのむほど美しい!

チェックアウトしたばかりの小屋からの景色
IMG20181031073748.jpg

下から見ると分かりますが、本当に木の上に乗っているというか、同化しているんです!
1540984488490.jpg 1540984480731.jpg

この岩の一番先端部分にあるお寺
IMG20181031074335.jpg

日本の神道のように、土地の神様を大事にするバリ島のヒンドゥー教。ここに毎日お供えするのも大変ですが、ワルンのスタッフがお祈りするのかな。誰もいないと思っていたけど、先端でドローン飛ばしていたマレーシア人の3人組に遭遇。写真を撮ってと頼まれたので、お互いに撮り合って良い記念写真も撮れました。

先端部分から見上げる景色
IMG20181031074052.jpg

正面の小屋では欧米人の女性がひたすら読書中でした。降りてきたときはあっという間でしたが、帰りがこりゃまた大変💦もう日が昇って暑かったし、階段がものすごくハードで、汗だくになりました。下に降りる価値は十分あると思います。

次はどこに行こうかな(・・?
IMG20181031072657.jpg IMG20181031072423.jpg
 
ウィちゃん目指すは東京らしい🛫私はシンガポールが見つからなかったので近くのクアラルンプール。来年は2年ぶりにギリ島へも行ってみたいです!さてこの後は衝撃の光景が待っているとは知らずに、500メートル先のAtuh Beachへ。

それでは今日もご機嫌で!良い週末をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑
ブログランキング参加中!ポチっとお願いします🙏
↓    ↓    ↓
banner_blogranking.gif
関連記事

ウィちゃんのペニダ島ツアー@どこでもバリ

2018年12月13日 12:11

スラマッシア~ン🎵 こんにちは!

今年も残り2週間ちょっとですね。今月は頭からバタバタしていて、あっという間に時間が過ぎているような気がします。ブログネタは溜まっていますが、なかなか集中する時間が取れなかったので、これから少しずつ更新していこうと思います。書きたいことがあり過ぎて何から始めようか迷いますが、記憶が新鮮なうちにペニダ島旅行の話題を!先日(といっても1か月半前)、約1年ぶりにペニダ島に行ってきました。最近は離島ツアーが注目されており、日本人はバリ島から日帰りで行けちゃうレンボンガン島ツアーが一番人気ありますが、私はあえてマイナーなペニダ島へ🚤ペニダ島といえば、古くからブラックマジックのイメージでバリ人には畏れられており、これまでリゾートとは程遠いイメージでした。バリヒンドゥー教に所縁のある重要なお寺が集まっており、バリ人がペニダ島に行くときは寺院参拝がほとんどだと思います。でもここ数年ほど地元の投資家たちに注目されているのがペニダ島!観光地としてはまだまだ開発途上ですが、流行りを先取りするならやっぱり今でしょ!日帰りツアーで行く場所以外にも足を延ばしたかったので、1泊2日で行ってきました。

ところでペニダ島に行かれるときは日本語ガイド付きツアーが安心です!言葉やバイクの運転に困らない私でも、一人で観光するのは心細くなるほどペニダ島は広大で、交通事情も整っていません。とにかく道が凸凹で大変。しかも標識がほとんどないので、不便です。ツアーを予約すると、日本語ガイドが同伴でホテルへの往復送迎やボートの手配もしてくれるし、ペニダ島でのカーチャーター、駐車場代、ランチも込みなので効率よく観光を楽しめると思います。私はツアーの模擬体験ということで、良き旅のパートナー兼ガイドのウィちゃんの案内でさっそく島巡りスタート!

ボートはほぼ満席
IMG20181030080345.jpg

ペニダ島へはサヌールから高速ボートが出ているので、通常のツアーではサヌールビーチ発着ですが、今回は地元の人たちが使うクサンバ発着のボートを利用。ウブドからだとサヌールもクサンバも距離がほぼ同じなので、クサンバのほうが便利かも知れません。地元向けのボートですが、船内は広く綺麗で、エンジンも5つ完備でとても早かったです。サヌールからだと40分ほどかかるのですが、20分ちょっとで到着。レンボンガン島より遠いイメージでしたが、最短距離だと近いんですね。あっ、唯一のマイナス要因は地元向けのためか、時間通りに出発しないことかな。時間に余裕がある人ならいいけれど、観光で行くときはサヌール発着スピードボートのほうが本数も多く、スケジュール的も信頼できるし、場所によってはホテル送迎もついていたりするので便利だと思います。

初日はペニダ島の人気観光スポット、4スポットを完結するスタンダードプラン。
👉クリンキンビーチ
👉ブロークンビーチ
👉エンジェルビラボン
👉ランチ(ドリンク込み)
👉クリスタルベイ

ブロークンビーチとエンジェルビラボンは同じエリアにあるので、実際は3か所になります。順番はフレキシブルなので決まっていないそうですが、ブロークンビーチとエンジェルビラボンに行く道のりが一番遠く、一部舗装されていない道があるので、今回はブロークンビーチとエンジェルビラボンを先に行くことにしました。去年の記憶からとにかく道がガタガタで埃っぽかったので覚悟していましたが、まだ半分くらいしか舗装されていませんでした。それでも去年よりは改善されていたので、来年中には綺麗な道が完成することを願っています。

ブロークンビーチ
IMG20181030100007.jpg

海の青さが半端ない!吸い込まれそうです。インスタ映えの写真を撮るときは崖だし、フェンスもないのでお気をつけください。ここは有名な撮影スポットなだけあって、ドローン飛ばしている人もちらほら。何でブロークンビーチというのか不思議だったのですが、上空からの写真を見るとなるほど納得。この部分だけ丸くぽっかり穴が開いているんです。そして去年と違ったことは、ブロークンビーチの周りに道が出来ていて、ぐるりと歩いて一周できるようになっていたこと。ブロークンビーチを反対から見たり、崖の下からマンタベイも見えました。

IMG20181030100746.jpg

マンタに群がる観光客たち
IMG20181030101055.jpg

マンタベイでのシュノーケリングツアーは毎朝クリスタルベイからボートが出ているそうです。雨季の今はシーズンじゃないので、マンタはあまり多くないようですが、この日は上から確認できるだけでも3頭いました!マンタ目掛けて人間が餌付けの魚みたいに集まるのはちょっと滑稽( ´艸`)。もちろんマンタはシーズンやタイミングによるので見れるかどうかは分かりませんが、泳ぎが得意なウィちゃんに予約したらシュノーケリングを追加したスペシャルツアーも可能です。、

ブロークンビーチからは徒歩でエンジェルビラボンに行けます。
IMG20181030103654.jpg

確か去年は大きな岩の上を這って行ったと思うので、ここも道が出来て歩きやすくなっていました。今年7月に高波が続いて、レンボンガン島とペニダ島へのボートが欠航になった時期があったのですが、そのときにこの岩あたりまで波が打ちあがったんだそうです。

エンジェルビラボン(天使の水たまりという意味らしい)
IMG20181030103736.jpg

たまたまなのか分かりませんが、藻も生えていてなんか水が濁っているし、写真で見るほど透明感はありません。ここに入って写真撮る人が多いけど、サンダルだと足を怪我しそうで危険。階段も一つ下の岩の部分までなので、そこからは自力で岩を下りないと水のある場所までたどり着けません。写真じゃ見えにくいけど、けっこうな高さで小心者の私には怖くてムリでした。個人的にはここは泳ぐより、上から見るだけがいいと思います。さてこの後はクリンキンビーチなのですが、その前にエンジェルビラボンからの帰り道にこちらのワルンでランチタイム🍴 朝早い出発でお腹が空いたので早飯です。お昼過ぎにはツアー客が多くなるので、早めに行って正解でした。

可愛い店内
IMG20181030110636.jpg

ガゼボとテラス席もありました。こじんまりしたレンボンガン島と違って、ペニダ島は荒地というか、何もないエリアが多いのでこういう観光客向けワルンも貴重な存在。メニューはインドネシア料理のほかに、ハンバーガーやサンドイッチ、スパゲティなどの洋食メニューもあって何にしようか迷いましたが、、、

ランチの定番といえば、ナシゴレン!
2018-10-30-11-20-31.jpg

迷ったらナシゴレンがおすすめです。サテ、目玉焼き、クルプックの三点付きで美味しくいただきました。ジュースはスイカジュース。バリのスイカは日本のスイカと比べて甘みが少ないので、ジュースのほうが美味しく感じます。まだランチ前の早い時間だったので、ガゼボ席で食後はのんびり。腹ごしらえが済んだら、いざクリンキンビーチへ!

誰が撮ってもフォトジェニック📷
IMG20181030123853.jpg

ここも人気の撮影スポットですが、そんなに列はないので10分もかからないで写真撮れました。ここも柵はないので、落ちないように注意です。座っていても足が竦みました。この下のビーチにも下りれますが、階段は舗装されておらずかなりの高低差があるので、注意書きによると自己責任でお願いしますとのこと。ちなみに点々に見えるのが人間です!日帰りツアーだと時間が足りないので、下まで行く人はおそらくペニダ島に滞在しているのだと思います。クリンキンビーチのある土地は投資家が買ったらしく、リゾート建設も噂されていますが、今のところまだ健在で中に入ることもできました。観光地なのに敷地内には小さなワルンしかなくて、まだまだ昔のまま。ところで愛の木と慕われていたPohon Cintaは枝が折れてしまって、もう登れません😅

ココナッツ飲んで水分補給🌴 
IMG20181030124737.jpg IMG20181030124354.jpg

クリンキンビーチの後は、クリスタルベイへ。去年は2回も通ってしまったお気に入りのビーチです。ここに行く道がまた素敵で、ヤシの木も植えられており、すべて舗装されているんです。観光客も多いのに、何故かここだけ入場料がかかりません。駐車場もたぶん無料、と観光地には珍しく良心的なところも人気の理由かも。波も穏やかで透明度の高いビーチなので、シュノーケリング(沖に出ないと魚はいないそうですが)や海水浴にぴったりです。欧米人はもっぱら日焼けに専念、かな。

奥にはビーチカフェもあるので飲食も可能
IMG20181030180710.jpg

サンセットスポットとして有名です
IMG20181030172327.jpg

最高の夕日🌅が見れました!
IMG20181030180934.jpg

この日は本当に奇跡的に美しい夕日に恵まれました。去年は2回来たけど曇って見られなかったので、今回はラッキー。日帰りツアーは夕方には港に戻らないといけないので、夕日は見られないから、1泊の醍醐味ですね。

夜は宿の近くの海辺ワルンで
IMG20181030195403.jpg

シーフードディナー
2018-10-30-20-05-08.jpg

トリップアドバイザーやガイドブックではたどり着けないマイナーな場所でしたが、通りがかりに良さそうだったので入って正解!私は念入りに下調べ(予習!)するタイプですが、最近は細かく決めずに現地での成り行きを楽しむようにしています。感性に頼ることも旅に必要かなと。波の音をBGMにビンタンを飲める幸せ💕ウブドにいると忘れがちな、バリ島にいることに感謝する気持ちを久しぶりに感じました。ペニダ島は最近人気になってきたとはいえ、まだまだ穴場です!次回に続く。。。

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑
ブログランキング参加中!ポチっとお願いします🙏
↓    ↓    ↓
banner_blogranking.gif
関連記事

コテツラーメン🍜とコテツ餃子@和るんあんかさ

2018年12月02日 16:12

スラマッシア~ン🎵 こんにちは!

あっという間に12月ですね。師走。。。バリ島は今は一番観光客が少ない時期なので、のんびりムード漂っています。去年の今ごろ、アグン山の噴火騒ぎで観光客が激減して大変でしたが、あれからもう1年経ちましたね。ラッキーなことにアグン山は沈静化してくれていますが、夏のハイシーズンの真っ只中にお隣のロンボク島は大地震に見舞われ、大変な被害がありました。離島のギリ島ではホテルやレストランが壊れてしまったので予約もすべてキャンセル、ボートも欠航が続き、従業員もロンボク島の実家に戻ったり、観光業への打撃もすごかったらしい。今でもほとんどギリ島に行く人はいないのですが、実際に行った人によると、観光客もまばらで、破壊した建物の残骸が処理しきれずに集められており、レストランなども一部しか営業していないんだそう。車もバイクもないような小さな島だから、ロンボク島より復旧に時間がかかるのかも知れません。空いているギリ島に行ってみたいので、来年一度足を運んでみる予定です。

さてブログネタ、たくさん溜まり過ぎで何から書こうか迷ってしまう。ぺニダ島のレポートも記憶が新鮮なうちに書きたいのですが、まだ写真の整理が追い付かず、インスタ主導になっていまいます💦ってなことで今日は身近な話題のあんかさレポ。あんかさって20年以上前からウブドにあって、ウブドのコーヒー屋さんの草分け的な存在だったのですが、数年前から店主の意向もあって居酒屋風カフェになりました。だからメニューも和風に一転!正直、私は昔の喫茶店的な洋風メニューが好きだったのですが、その時代のメニューはバロンブリッジカフェに受け継がれています。でもあんかさブレンドは健在。最近はウブドのコーヒーのレベルも上がって美味しいコーヒーが飲めるようになりましたが、個人的に一番美味しいと思うのがあんかさのアイスコーヒー👇

2018-21-27.jpg

バリ島みたいな暑い場所ではアイスコーヒーのほうが美味しく感じるのかも知れません。が、アイスコーヒーで失敗した経験した方も多いのでは?。ホット以上に当たり外れがあるんじゃないかな。

夕方は広い二階を独り占め
IMG20180918181904.jpg

そしてあんかさと言えば、コテツラーメン!
2018-11-21.jpg

勝手に名付けてしまいましたが、あごだしラーメンがイチオシです。チャーシュー好きな私はチャーシューラーメンをあごだしで頼んでみました。確か普通のラーメンだとチャーシューが一つだけど、これは三つ!日本でもラーメンはあまり食べなかった私をラーメン好きにさせてくれた味。チャーシューも自家製だし、スープも仕込みに力入れているから、おそらくウブドでは一番美味しいラーメンだと思います。

ラーメンのお供にはこれ
2018-52-10.jpg

形も焼き方も上手だからずっと市販品かと勘違いしていましたが、餃子の具も作っていると聞いて驚きました。3個、6個、9個入りから選べるので、一人で行っても食べられる量だからありがたいです。ラーメンと餃子の相性バッチリ。場所もモンキーフォレスト通りにあって便利なので、ガイドブックを片手に立ち寄る日本人観光客の方も見かけました。日本人がちょっと食べたくなるようなお料理が美味しく食べられるので、在住者にも人気あります。最近は、夜行くと外国人のお客様もちらほら。みんな寿司が好きみたいですね。あんかさの寿司はロール系ですが、なかなかイケます!あー、書いていたらあんかさ行きたくなった🍜🍛

それでは今日もご機嫌で!良い一日をお過ごしください✋

Japanese Diner AngKaSa
Jl. Monkey Forest, Ubud
営業時間:11時から23時
電話: (0361) 978257


バリ島ウブドからお届けしています💗
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
↑    ↑    ↑
ブログランキング参加中!ポチっとお願いします🙏
↓    ↓    ↓
banner_blogranking.gif
関連記事